トップページ > 2010年07月

第166号 負けそうな場面でも私は泣かない

学生時代、勝負事がきらいだという友人がいました。

勝者と敗者が生まれる事柄はすべていやだというのです。

彼曰く、
「勝ち負けのつかない遊びがいい」

心やさしき彼にとっては
囲碁も残酷なゲームだったのかもしれません。
何せ、生きるの殺すの、言ってますから。


そこまで行かなくても、

不利な局面にかかった場合、
誰もが悔しさと苦痛を感じるでしょう。



入門者にはちょっと難しいけれど

囲碁の手筋には
サバキとシノギがあります。

サバキは相手の勢力圏で捨て石を使いながら
わずかでも地をもって生きる打ち方。

わずかな地でも
そこがすべて相手の地になった場合と比べると
十分な荒らしになるわけです。


シノギは文字通り、
形勢や生き死ににおいて絶対絶命のピンチを凌ぐ打ち方。

これらはともに上級もしくは有段者になって学ぶ
不利な局面を打開する技術(手筋)です。


ただ、これらの手筋を学んだとしても
そういった局面では精神的苦痛を避ける
ことができるわけではありません。


もう、ずいぶん前ですが・・・
小林覚九段がNHK囲碁講座で
とてもいいアドバイスをしてくれたのを思い出しました。

・・・

思い出しました、というのはウソで、
この思考は実は私の囲碁思考の中に完全に
取り込まれています。

それは・・・




苦しい場面では、

囲碁と言うのは

もともと不利なところからスタートして
いかに追いつくか、
いかに逆転するかを
考えるゲーム


だと思えばいい。




当時、
う~ん
なるほど。

と、思いました。
いや、今でも。

不利な局面を耐える思考というより
さらに一歩進んで
不利な局面を楽しむ思考になっています。


そこには

不利な局面からスタートするのだから
負けてもともと、という前提があります。

それが気負いをなくし、
冷静さを引き出してくれるのです。

NHK囲碁講座を担当していた当時の
小林覚九段は棋聖戦に挑戦している時期と完全にダブって
いました。

「自分の棋聖戦よりこっち(NHK囲碁講座)のほうが気になる」
なんて泣かせること言ってくれましたが、
多忙な中、みごとに棋聖タイトルを奪取しました。

きっと、小林覚九段本人も

不利な局面では、
囲碁はここから始まるゲームだと
思って戦っていたのだと思います。


16:10 | Page Top ▲