トップページ > 2012年01月

第211号 ウサギに何を学び、カメに何を学ぶか

ご存じ、童話「ウサギとカメ」

ウサギとカメが徒競争をして、
遅いはずのカメが勝った話です。

いくら才能があったって、怠けちゃダメです。
才能が無くてもコツコツ努力をすれば勝てるのです。
いかに日々の努力が大切かを教えてくれる童話です。

囲碁も、才能がないから辞めるなんて
言っていないでコツコツ努力しましょう。
きっと、才能があっても怠けている人を抜いて
上達します。


・・・そんなありきたりの話を私がするようになったら、
このメルマガ、解除しましょう。

実は童話は子供のためだけのものではありません。
子供と大人の両方への教訓を持っています。
ウサギとカメの双方からの疑問を大人用に解明すると・・・

(1)なぜ、ウサギはカメに負けたのか?

ウサギはカメに負けたわけではありません。
誰が何と言ったって、
ウサギはカメより速いのです。
ウサギがカメに負けることがあると考える方が
頭がおかしいです。

ウサギはカメを見たから負けました。
そもそも勝てると思ったから勝負を挑みました。
相手など見ずに、自分の持つ力を目いっぱい出して
マイペースで走れば負けなかったのです。

カメを見て、
ずいぶんと後ろの方にいたから
楽々勝てそうだと思ったから
手を抜いて昼寝をしました。
そして負けました。

カメに負けたわけではなく、
休みたいと言う誘惑に負けたのです。
つまり、自分に負けたのです。
昼寝してたらカメどころか、
カタツムリにも負けてしまいます。

あなたは
対局で相手が弱いと思って
加減して負けたことありませんか?

相手が誰であれ、
自分のベストを尽くすのが
勝負です。

(2)カメはなぜ自分に不利な挑戦を受けたのか?

ウサギが速いのが分かっているのに、
あなたがカメなら
ウサギの言う徒競争の勝負に乗りますか?

人間の話に変えれば、
あなたが運動は得意だけど、
頭はよくない生徒だとして、(失礼)
クラスの優等生がテストの成績で勝負しようって、言ってきたら
その勝負に乗りますか?

乗らないでしょう。

乗らない。
なら、どうします?

鉄棒の大車輪で勝負しようとか、
水泳で勝負しようとか
言いませんか?

そう、カメは
自分の不得意なところで勝負をするという
大きな戦略ミスを犯しました。
カメは陸上ではなく、水場で勝負をすべきだったのです。

カメはたまたま勝ちましたが、
陸上ではカメが2度とウサギに勝つことはありません。
勝ったからいい、結果オーライではないのです。

あなたは
自分の石の少ないところで
勝負を仕掛けていませんか?
弱い場所で戦いを仕掛けていませんか?

カメが陸上でいウサギに戦いを挑むようなことを
していませんか?

戦いは
自分に有利なところで仕掛け、
自分の不利なところで
相手から戦いを仕掛けられても
ムカッとして乗ったりしてはいけません。

戦略を意識するようになると、
あなたの囲碁は初級者、中級者を脱皮します。

15:31 | Page Top ▲