トップページ > 2012年09月

第224号 あなたのライバルは誰れ?

私はバブルの時代を挟んで永い間、
経済界の第一線で仕事をしてきました。
その中で多くの企業の生きざま、死にざまを見てきました。

資本主義経済のなかの企業は弱肉強食の世界で生きています。
企業行動の意思決定に際して、その根底には
想定ライバルがあります。

ライバル企業より少しでもよい製品を作り、
少しでも強い販路を構築しようと
日夜、研究しているわけです。

たとえば自動車メーカーなら、
日産はトヨタよりいい製品を、
トヨタは日産よりいい製品を作ろうとするわけです。


あなたの囲碁の場合、
いつも負けているAさんや、
いつも互角の熱い対局を繰り広げているBさんに
負けまいと研鑽を積んでいるのと同じです。

でも、日産のライバルは本当にトヨタなのでしょうか。
「今回は日産からトヨタに変えよう」
「今回はトヨタから日産に変えよう」
もちろん、そういうこともあるでしょう。

でも、車好きはめったに一度気に入ったメーカーを変えません。
案外、日産のライバルはトヨタではなくて、
旅行会社だったりします。

???


今回は資金がちょっと足りないから
新車で家族旅行ではなくて、
パック旅行にしちゃおう。

1泊で東京デズニ─ランドに行こう・・とか。

そうすると
お金は自動車業界ではなく、
まったく異業種の旅行業界に流れます。

ライバルは同業他社だとは限らないのです。


ふつう、
日産のライバルが東京デズニ─ランドだなんてだれも思いもしません。
しかし、想定ライバルを取りちがえたために、
的外れな対策をして没落していった企業は枚挙にいとまがありません。

あなたの囲碁のライバルは
Aさんですか、Bさんですか。

いいえ、
あなたの囲碁の本当のライバルは仕事、学業、家族サービス・・・
そして怠け心。


囲碁以外に使われる時間があなたの囲碁のライバルなのです。

したがって、囲碁上達を目指すのなら
AさんやBさんに勝つことよりも、

いかに囲碁に費やせる時間を捻出し、
いかに短い時間で効率的に上達するかを
まず、対策すべきなのです。

19:13 | Comments (2) | Page Top ▲