トップページ > 2013年09月

第255号 囲碁はお金がかからなくていいね

趣味は何ですかときかれて、
「囲碁」
って答えたら、

「お金かからなくていいね」

って言われたことがあります。

そりゃ、ゴルフなら1日プレーすれば1万円、
バブル期は2~3万円掛かりました。
月3回行ったら10万円です。

でも、碁会所に月3回行っても
5千円もかかりません。

ゴルフじゃなくて釣りでも
かなり費用が掛かります。
どんな趣味でもそれなりにお金はかかります。

「囲碁はお金がかからなくていいね」
と言われて、さすがにカチンと来ました。
なぜか?

縁側で囲碁を打っている爺(じじい)
だと思われたからか?

それもあるかも知れません。
いやいや、そうじゃありません。

私がゴルフや釣りをやらないのは
お金がかかるからではなくて、
どちらも朝が早いからです。

そして、
お金がかからないから囲碁をやっているのではなくて
囲碁の世界に魅了されたからです。

若い時はゴルフもやりました。
そう、1985年から1990年ころの
ちょうどバブルの絶頂期のころです。

だからこういうゴルフサイト

を作るくらいゴルフは詳しいのです。

でも今は持っていたゴルフクラブもすべて処分しました。

そうそう、音楽もやっていました。
でも、
高価なエフェクターやスピーカーなどの機材や
CD作成ソフトなどもすべて処分しました。

それらにかかっていた費用は
自ずと囲碁に向けられました。

某囲碁通信講座を入門から最後までやりました。
日本棋院に週1ペースで3年くらい通ったこともあります。

購入した碁盤、1万や2万の碁盤じゃありません。
棋書蔵書400冊越えです。
さらに年々増えています。

ビデオ、DVD教材は4万円程度の6巻セットが10セット
をとっくに超えています。

それでも囲碁を極めることはできません。

極めることが大切なのではなくて

極めようとすることが大切なので、


それでいいのです。


「囲碁はお金かからなくていいね」
って言った人は
実は何もやっていない人でした。


ゴルフをやっている人に言われたのならわかる気もします。
釣りをやっている人に言われたのならわかる気もします。

でも何かを一生懸命やっている人は
そういうことは絶対に言いません。

何をやるにしても
費用と努力が
大変なことを知っているからです。

人生で何も一生懸命やったことのない人ほど
トンチンカンなことを言うものです。

囲碁をやるにしても、
いい加減な気持ちでやっていると
トンチンカンな人になってしまいます。

やらないのならやらなくていいのです。
他のことをやるのならそれでいいのです。
何をやるかは人それぞれだから。


でも、
やるなら
やらねば。


一生懸命の人、応援します。


21:35 | Page Top ▲