トップページ >囲碁エッセイ> 第109号 置石は多めがいい?

第109号 置石は多めがいい?

囲碁は置石の数で棋力差を調整できるので、棋力に差がある者同志でも対局ができるゲームです。

囲碁に限らずこのようなハンデ調整機能があるのは優れたゲームだなと思います。
しかも、囲碁の場合はほぼすべてのレベルにおいて1段級差単位で調整が可能です。

いろいろな人と対局し、また多くの人の対局を長期のスパンで見ていると
石を置く下手の立場の心理について2つのタイプがあることに気がつきます。

(1)勝ちにくくても置石をなるべく少なくしたい人

(2)勝ちたいので置石をなるべく多くしたい人

この2タイプです。

「どちらかといえばどちらのタイプですか?」
と問えば、
かならずどちらかのタイプに入ることになりますが、
さて、あなたはどちらのタイプでしょうか。

向上心の強い人はほとんど(1)のタイプ。

同じ相手に3連敗、4連敗しても置石を増やしたがらない人、私もどちらかといえばこのタイプですが、一般的にこのタイプの人が多いようです。

置石を増やすということは、棋力が落ちることだと勘違いしている人が多いのが原因だと思います。

自分の棋力が変わらなくても相手が強くなっていれば、置石を増やすのが当然です。それは自分の棋力が落ちたということではないのです。

また、仮に自分の棋力が落ちたのなら、なおさら無理せず置石を増やして仕切り直す方が良いのです。

置石が多めなのがいいとか、少なめの方がいいとかではなくて、上達のためには適正な置石がいいという当然の理由です。

わかっていても心理的に中々置石を増やす気になれないということもあるのかもしれません。

3連敗、4連敗している相手に
置石を変えずに対局を続ければ、

負けが続いて、
ますます無理な手を連発し、
下がってはいなかった棋力を本当に下げてしまうことになります。

3連敗、4連敗している相手には
相手に言われる前に自分から

「置石を1つ増やしていいですか」

と言えるようになれば
あなたの棋力は間違いなく、
「ジャックと豆の木」の豆の木のように伸びていくことでしょう。


00:48 | Page Top ▲