トップページ >囲碁エッセイ> 第110号 囲碁上達とネット知識の関係

第110号 囲碁上達とネット知識の関係

便利な時代になったものです。
ネットに繋ぐと、たいていの情報は入手できるし、日常品や家電品などの購入もできてしまいます。

また、ネット口座を作ると、銀行に行かなくても、振込みや残高照会もできてしまいます。

一度インターネットの便利さを知ってしまうと、ネットのない生活には2度と戻れないような気がします。

『囲碁大好き』を読んでくださっている方は、全員インターネットを使っているはずです。

永く読者の方とお付き合いさせていただくと、
ネットの習熟度は人それぞれ、実にさまざまであることに気がつきます。

ネットの習熟度と棋力は関係ないというのが現状です。

囲碁初心者でもネットは上級者、
囲碁有段者でもネットは初心者、
どちらも上級者、
どちらも初心者、

など様々です。

この時代、何をやるにしても、
そして囲碁に関しても、
勉強したり、楽しんだりする場合にやはりネットの利用知識はあったほうが
いい、
そう思います。

なぜなら、
囲碁の上達手段がネットで提供される機会が非常に増えているからです。

最低限、知っておいてほしいなと思うのがPDFファイルの利用法。
私の提供する無料レポートはほとんどPDFファイルで作成されていますが、相変わらず
「PDFファイルが開けません」
という質問が多いです。

質問してくれる人はまだいいのです。
なんだ、見れないじゃないか、
であきらめてしまう人もいるのではないかと思うと残念なのです。

どんな分野でもPDFファイルで情報が提供されることが増えています。
それは、

PDFファイルがパソコンの機種やMAC、ウインドウズなどのOSを問わずにそして、有料のソフトを買わなくても見る事のできるパソコン共通のファイル形式だからです。

今後は囲碁の棋力とネットの習熟度が比例してくる可能性もあるのでは?
と感じています。


15:08 | Page Top ▲