トップページ >囲碁エッセイ> 第134号 時は金なり?

第134号 時は金なり?

人生で一番大事なものって何でしょうね?

命が一番大切、具体的には健康ということになるでしょうか。
これにはたぶん、だれも異存はないかと思います。

二番目は家族。
三番目はお金。
この辺からは異存のある人もいるのではないかと思います。
人によってはお金が一番、という人もいるかもしれません。


私は三番目はお金、ではありません。
三番目は「時間」です。
お金は四番目。

年をとればとるほど
お金より時間が大切になってきます。

「時は金なり」
ってことわざがありますが、年配者にとってはこれは嘘!

時は金よりも価値があります。
若いうちはお金のために時間を使います。


でも、年をとってくると
時間のためにお金を使います。

私も、そろそろそういう年代になってきました。
つい最近まで「若手」と言われていたような気がするんですが・・・


以前は借りた本をほしい部分だけコピーしたり、
その部分を書き写したりして、本代を節約していましたが、
今は、立ち読みして、たった1ページだけでもここは読みたい、
と思ったら買ってしまいます。


もったいないから買ったものは全部読まなきゃならんという
ことではないのです。

せっかく買ったからといって、不要なものまで読む時間の浪費
のほうがもったいないのです。


私は本代で年間40~50万円かけています。
囲碁の本もその中に含まれます。

その金額で本を買っているのではなく時間を買っているのです。
借りたり、コピーしたりという時間がもったいないのです。

時間とお金
どっちを大事にするか、

実は年齢には関係ないことだと最近思うようになりました。


若いうちはお金がないので
ない袖は振れぬ、のはたしかですが、
若いと言っても人間の寿命には限りがあります。

「年齢に関係なく、お金より時間の方が大切なんだ」

と言うことに
若いうちはなかなか気が付きませんでした。


以前、
昼飯何食べる? って話で
何でもいいけど、

って言ったら、私より20才近くも若い人に

一生のうちに摂れる食事の回数って○回しかないんですよ、
好きなもの選んで楽しまないと損ですよ!

っていわれてドキッとしたことがあります。

若いうちから時間を大切にすれば、
年取って後悔することもないのかもしれません。


若い人こそ、
時間を消しゴムのようにゴシゴシ使わず、大事にしてほしいと思います。

21:41 | Page Top ▲