トップページ >囲碁エッセイ> 第144号 指導碁は効果があるか?

第144号 指導碁は効果があるか?

あなたは指導碁を受けたことがありますか?

ちょっと費用はかかります。
アマの指導者だったら1局、1時間を目安に、1000円くらいから、
プロは初段3000円くらいからが相場でしょうか。
トッププロなら万単位になるかもしれません。

初・中級者は、まあ、そんなにしょっちゅう
指導碁を受ける機会はないのが普通かもしれません。

わたしは3級くらいの時に指導碁を受ける機会
がありました。

プロではありませんでしたが、
たまたま知り合いの有段者の行きつけの碁会所の席亭
に指導碁を打ってもらったことがあります。


何箇所か、
教えてもらいましたが、
今でも覚えているのは1つだけ。

ある場面で

一番弱いところを補強しましょう
どこが一番弱いですか


と言われて迷いました。


私は

一番黒石の数が少ない場所を探しました。

この発想でいいのだろうか?

そして、
まだシマリを打っていないため1子だけポツンとある
隅の星にある石を指して

「ここ」
と答えました。

ここまで読んで、
有段者の人は笑っちゃうでしょ?


隅の星は
たった1子だけで、弱いように見えますが、
相手に攻めらた場合でも
3回手を抜いても死なない強い石です。

このとき初めて聞いてびっくりしました。
これ、有名な『三手抜き定石』です。
興味のある人は調べてみてください。


せっかく指導碁をうけて、いろいろ
教えてもらったのに、
覚えているのはこれだけでした。

たまたま印象の強い場面があったので、
ひとつ覚えて帰りましたが
ピンと来なければ
一つも覚えていなかったかもしれません。

指導碁を受けたことのある方、
全部覚えていますか?

指導碁は
自分の打った棋譜を並べなおしできない
級位者には歩留まりの低い学習法です。


上達に効果がないということではありません。

プラスにはなるけど費用の割に。。。
ということです。

つまり、級位者には
取りこぼしが多すぎて
もったいない
という気がします。

指導碁は通常の場合
記録が残らないので、
ピンと来ることがなければ
頭に何も残らない、
ということもあるのです。


費用対効果という点では
習うほうも学び方が難しいですね。

指導碁はいい刺激にはなりますが、
刺激代としては高価すぎるかもしれません。

そこで私が無駄にならない効果的な学習法として考えているのは
棋譜添削です。
自分がネットで打った棋譜をsgfファイルに保存できるようになれば、
棋譜添削を受けることができます。

記録に残るので何回でも復習できるし、
今、わからなくても、のちに読み返した時に理解できるという
こともあるでしよう。


sgfファイルって何?

という人は囲碁サブノートに解説があるので、さっそく研究してください。
難しくはありません。


13:13 | Page Top ▲