トップページ >囲碁エッセイ> 第205号 どうしても理解してもらえなかったこと

第205号 どうしても理解してもらえなかったこと

長い間、囲碁サイトと囲碁メルマガを運営していますが、
利用者や読者の方に、
どうしても
理解してもらえなかったことが
一つだけあります。

囲碁は審判のいないゲームです。
草野球だって審判がいなけりゃ、
試合ができません。
スポーツでは審判のいない競技はあり得ません。

が、頭脳スポーツといわれる囲碁には審判がいません。
プロ棋士の対局にも
審判はいません。
それは対局者同士で決着がつけられる
レベルに達しているからです。

でも、アマの囲碁ではどうでしょうか。
有段者になるとそういうことはないのですが、
これは生きてる、いや死んでる
いや、セキだ。

級のうちは
よくわからないケースが多々あります。
また、間違って理解していることもあります。

ネット碁なら、ソフトが自動判定してくれます。
でも、なま碁の場合は
勝敗で
当人同志がもめたら・・・
ラチがあかないのです。


級位者でよくある間違いは

1.セキと地ありの生きの区別
2.隅のマガリ四目の死活の判定

の2つです。
上級者でも隅のマガリ四目は正確に知らない人もいます。


さて、ケーススタデイーです。

あなたは相手の石が隅のマガリ四目で死んでいると
判断して、結果自分が勝ちだと思いました。
その判断には自信があります。

ところが

相手はいや、この石は生きている。
だから自分の勝ちだと言いました。
相手はどうやら隅のマガリ四目を知らないようです。

親しい同志なら
あとで調べようね、でいいかもしれません。
でも、初対面の相手は自分の勝ちを主張して
譲りません。
あなたならどうしますか?

何かの囲碁大会で係員はタッチせず、
かつ、無効試合にはできない場合だとします。


◆A 自分の勝ちであることを相手がわかるまで説明する
http://tutaeru.net/web/111112a.html
◆B 最初に説明してわかってもらえなかったら、あきらめて相手に勝ちを譲る
http://tutaeru.net/web/111112b.html
        ↑↑↑
以下を読む前に回答してみてください。







回答をどちらかに誘導しないために
行間を開けました。
では、続きです。

一般に、
特に若い人には
何が何でも相手に理解してもらい、正しいことは通すべきだ。
という正義感に満ち溢れた人が多いようです。

それはそれでいいのです、
正義感なら。

でも、ちがうでしょ。
自分が勝ったのに負けたことになるのがくやしいのでしょう。
図星?

明日の進歩のためなら
いっときの勝負などどうでもいい。
大切なのは
明日に向かって上達すること。

いっときの勝負にこだわって
無駄な時間を潰したり、気分が落ち込むことのほうが
上達にとって、そして人生にとって大きな損失です。

しかし、
この考え方にはなかなか賛同してもらえませんでした。


しかし、最近
この私の考えに
賛成してくれる人を見つけました。


---------------------------------------------------

「自己の向上を心掛けている者は、喧嘩などする暇は無い筈だ。
おまけに、喧嘩の結果、不機嫌になったり自制心を失ったりする
ことを思えば、
いよいよ喧嘩はできなくなる。

こちらに五分の理しか無い場合には、
どんなに重大なことでも相手に譲るべきだ。
十分に理があると思われる場合でも、小さいことなら譲った方が良い。

細道で犬に出会ったら、権利を主張して噛みつかれるよりも、
道を譲った方が賢明だ。
例え犬を殺したとしても、噛まれた傷は治らない。」

(第16代アメリカ大統領 エイブラハム・リンカーン)

---------------------------------------------------

13:01 | Comments (2) | Page Top ▲

comments

先日、この「隅の曲り四目」を経験しました。相手は知らなかった模様。周囲の人に「これ、隅の曲り四目ですね」と確認し、その人は「あ、これ、死」と一言。それで相手も納得。まあ、相手が「納得しない=知らない」場合は、議論しても意味がありません。何せ相手は「知らない」のですから議論になりません。そこで、もし、周囲にも確認出来る人が居なければ「これは、隅の曲り四目と言って、本来は死なのですが、貴方はご存意無く「生き」のつもりで打たれていたようですから、貴方の勝ちにしましょう」と、勝ちを譲って上げれば良いのではないでしょうか? 譲ってもらった方も「何かありそうだ」と、後で調べて、自分が間違っていた事に気がつきますね。ただ「決まっている」から・・・では寂しいですね。 「曲り四目」だから・・と、そのまま終局まで放置せずに、もう一手加えておけば「立派に生きます」。終局迄放置していると「死」ですよね。何故なら、相手に一手打たれた時に「コウ」になりますが、終局ではもう、コウ材がありませんから、即死です。「隅の曲り四目」はもう一手掛けて二眼を確保しないと死にますよ・・・。ですよね?。 違いましたっけ???

  • 佐賀の囲碁好き
  • 2011年11月29日 22:07

佐賀の囲碁好きさん、コメントありがとうございます。貴重な経験をされましたね。
隅の曲り四目の理解はちょっと?
微妙なので、今度、メルマガでまとめてみます。私のサイトでも書いてありますが、ページが多すぎてどのページにあるかわかりませんよね。

  • いごっち
  • 2012年04月19日 18:56

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)