トップページ >囲碁エッセイ> 第236号 天頂の囲碁4と対局してみました

第236号 天頂の囲碁4と対局してみました

天頂の囲碁4と対局してみました。
何十局も。

天頂の囲碁2、3はパスしていたので、
天頂の囲碁4の進化に驚きました。

武宮正樹九段に4子局で勝っただけのことはあって
強さはかなりのもの。

強さだけでなく、細かい機能も追加されて対局も
しやすくなっていました。
いいソフトに仕上がっています。

でも、私の着眼は強さでも使いやすさでもありませんでした。

私が興味があったのは、天頂の囲碁4の強さそのものではなく、

天頂の囲碁4の棋力を下げて設定して対局した時、
どのようなところが弱くなるのか、


という点です。

マニアックでしょう?


たとえば、天頂の囲碁4の初段設定で対局して、
自分には強すぎるから天頂の囲碁4を1級に設定した場合、
初段と1級の強さの違いは何かという点です。

言い換えれば、ソフトの作成者がどういう発想で
天頂の囲碁4の段級位の強さの違いを開発しているかという点です。

私たちの上達を考えるときに
何が変われば強くなるのか、
また、弱くなるのか

という研究に役立つかもしれないと思ったのです。


果たして・・・



天頂の囲碁4は

段級位を落とすと、
明らかな悪手を一手ずつ増やしていくという手法でした。


普通、人間ではそんな極端なことはしないだろうという手を打ってきます。
人間の棋力の強弱とはあきらかに違うのです。


天頂の囲碁4の初段は極めて人間的で、
自然な強さでした。
従来の他の対局ソフトのように死活やヨセが強いのに
布石だけ極端に弱いということもなく、バランスもとてもいい。

ところが、3~4級まで設定を落とすと、
とんでもない手を打ってきます。

たとえば、
こちらが打った隅の星にある石に二手目でいきなりツケてきます。
あるいは初手で天元近辺に打ってきます。

人間の場合、3~4級どころか10級の人でも
そんな手は打ってきませんよね、普通は。

ところが、そんな布石の打ち方をするのに、
攻め合いになると、初段以上の強さを発揮したりします。

オイオイ、という感じ。


それでも平均すると、
その級の強さになっているのかなあ、という感じです。

人間って、強いにしても弱いにしても
意外とバランスがいいんだなあと改めて、そう思いました。


同じ棋力で比べても、

人間が勉強して、自然に強くなっていく状態と、
最強に作られた機械が強さを調整するために
故意に弱くしていく状態は全く違う


ということがわかりました。

布石、死活、ヨセ・・・など
人間でもバラつきのある人はいます。

というか、バラつきや得手・不得手があるから、
上達が思い通りにならないのです。

それでも、
機械に比べたら、バランスがいいんです。

それって、とても重要なこと。

あなたもちょっと、自信を持ってもいいかもしれません。


22:54 | Page Top ▲