トップページ >囲碁エッセイ> 第253号 天頂の囲碁4のバージョンアップ情報

第253号 天頂の囲碁4のバージョンアップ情報

天頂の囲碁は発売以来、毎年バージョンアップ
していますが、今年もそろそろ、
その時期になりました。

ユーザー登録している人向けにバージョンアップ情報が
ダイレクトメールで届いているようです。
私のところへも届きましたので、
情報をシェアしたいと思います。


武宮正樹九段に4子で勝った天頂の囲碁4
よりさらに強くなる「天頂の囲碁5」

だと思った人が多かったようですが、今年は
「天頂の囲碁 詰碁道場」です。

最初、対局ソフトの天頂の囲碁ではなく、別商品の
「天頂の囲碁ブランドの詰碁道場」なのかと思いましたが、

天頂の囲碁4 + 詰碁道場ということで、
対局ソフトの天頂の囲碁4はバージョンアップなしですが、

趙治勲九段監修のコンピューター対応型の
詰碁問題1015問が付いています。



それで価格は過去バージョンと同じ13、440円。
初めて買う人や

過去バージョンからそろそろ新しいバージョンを買おうか
と思っていた人は、

詰碁問題1015問が付いている分だけ
お得になっているということです。

買おうかと思っていた人はラッキーです。
私は去年天頂の囲碁4を買ってしまったので
ちょっとがっかり。


高価なものなので毎年バージョンアップ版を買うという
こともできないないので。


なお、「天頂の囲碁 詰碁道場」の価格のことですが、
ユーザーは7月末まで先行販売で13440円の3割引きの
9400円です。

例年、アマゾンでその程度もしくは、もっと安く販売
されているので、先行販売価格が安いとも思えません。

一般販売は7月中旬なので、
ユーザー先行販売で購入するつもりの人もアマゾンでの一般販売
の価格を見てからでも遅くないかも知れません。


また、二桁級の人はまだ「天頂の囲碁」
は買わないでください。
レベルが合いません。

強すぎるのでやる気を失うかもしれません。
もう少し先で大丈夫です。

一般販売開始されたらまた、お知らせします。



(この記事は2013年6月20日に配信されたものです。)

16:33 | Page Top ▲