トップページ >囲碁エッセイ> 第258号 「天頂の囲碁 詰碁道場」の発売情報

第258号 「天頂の囲碁 詰碁道場」の発売情報

囲碁大好き第253号(2013年6月20日)で
天頂の囲碁のバージョンアップ予定のことを
告知しました。

天頂の囲碁4からの対局ソフトとしての
バージョンアップはありませんが、
趙治勲九段監修のコンピューター対応型の
詰碁問題1015問付きになっています。
(商品名:天頂の囲碁 詰碁道場)


天頂の囲碁4までの既存ユーザーにはマイナビから
割引販売のダイレクトメールが来ていると思いますが、
もっと安く買える可能性があるのでこれには応じないように
囲碁大好き第253号でお伝えしておきました。

ユーザー割引販売価格は9400円(税込み 送料無料)です。


7月19日に発売されましたが、
Amazonでは発売後すぐ売り切れ状態が続いたようです。
そして、
Amazonでの販売価格は9841円(税込み 送料無料)です。

Amazonのほうが高いじゃないかと
期待を裏切ってしまったようですが、

こちら楽天では、9123円(税込み 送料無料)で販売しているところがあります。

わずかでも安い方がいいという人は

こちらから⇒ 天頂の囲碁 詰碁道場


価格は時間の経過によって変化しますのでご注意ください。



なぜ、今回の天頂の囲碁には詰碁ソフトが付いているのか?
それは・・・



対局ソフトとしてのバージョンアップがないからですが、
去年、天頂の囲碁4を買った人より
今回、天頂の囲碁 詰碁道場を買った人のほうが得した
とは言えない面もあります。



1年遅れて買った人は
1年上達が遅れた可能性が高いので
天頂の囲碁4に詰碁道場が付いたのは当然という考え方もあるからです。


早く買って、
早く上達して、
より長い間、次元の高い楽しみ方ができた方が
人生が豊かになるでしょうという考え方です。


早く始めた方が有利というのは
何の分野でも同じです。

これは意外と気が付かない盲点です。

時は金なり。

16:57 | Page Top ▲