トップページ >囲碁エッセイ> 第28号 囲碁の苦手な分野

第28号 囲碁の苦手な分野


ホームページでちょっと気になることについてアンケートを行っています。
第4回のテーマは
「囲碁の苦手な分野」でした。
最終結果は次のようになっています。

あいまいさの多い『形勢判断・布石』と読みがはっきりしている『死活』
が上位を占めました。

感覚が得意な人は読みが苦手、
読みの得意な人は感覚が苦手、というところでしょうか。
強くなるためには両方が必要です。


  ┌───────────────┬──────┬─────┐
  | 形勢判断          | 20 人  | 32%  |
  ├───────────────┼──────┼─────┤
  | 布石            | 12 人  | 19%  |
  ├───────────────┼──────┼─────┤
  | 死活            | 10 人  | 16%  |
  ├───────────────┼──────┴─────┤
  | 凌ぎ            |  8 人  | 13%  |
  ├───────────────┼──────┼─────┤
  | ヨセ            |  5 人  |  8%  |
  ├───────────────┼──────┼─────┤
  | 手筋            |  3 人  |  5%  |
  ├───────────────┼──────┼─────┤
  | 定石            |  3 人  |  5%  |
  ├───────────────┼──────┼─────┤
  | 連絡            |  1 人  |  2%  |
  ├───────────────┼──────┼─────┤
  |  合 計            |  62 人  | 100.0% |
  └───────────────┴──────┴─────┘


                                          
投票者のコメントを紹介します。

形勢判断
・対局感を要求されるので
・難しい。無理するべきか、しないべきか悩む。
・碁そのもの
・大局観がなく、努力で補えないので。
・場面場面で何目勝勢なのかが分からないため、その後の打ち方も考えられないことが多いです・・
・いつも三目ぐらい間違えてるから

死活
・生き死にを考えてるとパニックになります・・。
・難しいです。何処まで手を抜いていいのか。
・手を抜いていいのか分からない場面が多い
・詰碁きらい;;
・読み忘れが多いねん
・間違えると死ぬから

布石
・難しい
・置碁ばかりなのに急に互先とは。ハンデを置石か目数か選べるといい。初心から布石感覚が鍛えられるかも
・運まかせです。
・広い範囲で覚えなくてはならない


凌ぎ
・自分の碁は模様・厚みの碁なので、相手に模様を張られて消しに入ると、攻めの筋が見えやすい。
・反撃しながら、得したいなぁ^^
・どちらかというと模様をはる側が多いので、逆の立場になるとわからなくなっちゃいます。

手筋
・手筋の勉強は難しい

ヨセ
・今のことろ、苦手はヨセ。以前は布石から中盤でした。
・出入り計算が瞬時にできない

連絡
・効率よく連絡する事が出来ないんですよー、私。余計な手を打つか、切られるかしてしまいます。


00:42 | Trackbacks (0) | Page Top ▲