トップページ >囲碁エッセイ> 第300号 置碁の勘違い

第300号 置碁の勘違い

下手(したて)の人で置碁が苦手という人は多いです。
そういう人はほとんどが勘違いしています。
第一の勘違いは
「置石で棋力が対等になる」と思っていること。

相手は自分より実戦経験も実力もあり、強いのは
わかっていることです。
でも、そのために置石があります。
だから置石によって対等に戦えるようになるはず。

なのに、なぜか勝てない。
おかしい・・・
何かが変だ・・・

それはあなただけのことではありません。
棋力差から見て妥当な数の置石があっても、
置碁では一般には上手(うわて)の勝率が高いのは事実です。
それは下手が置石の意味がわかっていないからです。

ほとんどの下手の人が
置石があれば対等の力があるはずだと思っています。
それは置石を棋力差を調整するためだけのものと
思い込んでいるからです。

ここに勘違いがあります。
せっかく置石があっても、
置石と関わらない部分で対等に戦えば上手の方が強いのです。

置碁は置石を活かした打ち方をして
初めて対等の棋力になります。
置石を無視して、部分部分で攻め合いをしたりすれば
下手は勝てません。

相手が打ってきた手に対して
1対1で劣った手を打ってはいけないと
頑張ってしまいがちです。

しかし、基本的には
相手が打った手に対して既にある置石と今度自分が打つ手の共同で
相手より有利になるように打てばいいのです。
置碁では1対1で戦ってはいけないということです。


第2の勘違いは
互先と同様に、相手の応手に対して
ウケなければいけないと思っていることです。

相手の打った手に対してそっぽを向いた手を
打ってはいけないということ。
たしかにそれは互先ではとても大切な基本です。

でも、置碁では
相手がカカってきても、ウケずに
他の自分の隅の石にシマリを打つ手もあるし、
さらに三々に入られないように戸締りをする手も大きいのです。

これが、
『相手が打った手に対して既にある置石と今度自分が打つ手の共同で
相手より有利になるように打つ』
ということです。

たとえば、
棋譜図1
image




















を見てください。

六子局です。
白1、3に黒2,4とウケるのはいいとして、
白5にも黒6とウケてしまう人が多すぎます。
それは悪手ではありませんが、
少なくても置石を活かした手とは思えません。

左辺の黒はたしかに大模様で、
黒からは、左辺が全て地になって、
圧倒的に有利に見えます。

しかし、上手の白から見ると、
a、bの三々はもちろん、
c、dの打ち込みも残っていて
あとからいくらでも手が残っているのです。
このように打ってくれると白は楽勝なわけです。

棋譜図2

image




















を見てください。

たとえば、白5にウケずに黒6と左上隅を固めます。
これが置石や前に打った石を活かす打ち方です。
これでこの隅の地は黒の確定地です。

白7と打たれても
これで左下隅が白地になりきるわけではありませんし、
白が左下隅を白地にしようとすれば
黒は右上隅や右下隅を確保していきます。

この打ち方を覚えないと
下手はいつまでたっても
置碁には勝てません。

また、黒にこのように打たれると
白も六子ではどうしても勝てなくなり、
「次は五子で・・・」
と言わざるを得なくなるわけです。



囲碁 ブログランキングへ

00:46 | Page Top ▲