トップページ >囲碁エッセイ> 第41号 古碁の見方

第41号 古碁の見方

プロ棋士になる人は必ず秀策を勉強するといわれています。
もちろんアマにも有効な勉強です。

人気アニメ『ヒカルの碁』ですっかりおなじみになった秀策ですが、実際に秀策の棋譜を並べてみると、奇妙なことに気がつきます。
秀策の時代にはコミがなかったのです。

秀策選集などを紐解くと、秀策が黒番で3目勝ちとか4目勝ちとかいう棋譜がよく紹介されています。

ん、待てよ。コミ6目半の現代なら負けているんじゃないの?

これはつい最近まで打たれていたコミ5目半のルール下での半目勝ちにも言えることで、今のコミ6目半ルールに置き直せば負けている、と疑問に思うかもしれません。

しかし、ゲームは決められたルール下で競うもので、ルールが変われば戦い方も変わります。
ルール変更のあった過去の対局を現代のルールに置き直して勝敗を云々するのは間違いです。

コミがなかった時代の勝負の見方は黒白交互に持って打った複数局で評価していました。
何よりも黒番で取りこぼしをしないことが強いことの前提です。
1局で評価するとしても秀策の時代には黒が3目勝てば十分といわれていました。

古碁を見ていると、手合割りにわけの分からない用語にぶつかります。
互先、これはわかる、ような気がする?
先相先、 先、 先二、これは何?

当時は『段差』と『複数局で評価』の2つを考慮して手合割を決めています。『互先』棋力が同じ者同士の対局は公平を期してお互いに先番を持って   2局をセットにして評価。現代の互先の由来です。

『先相先』1段差がある者同士では下手が黒白黒と3局がセットになる
『先』  2段差では下手が常に黒を持つ
『先二』 3段差では先番と2子局がセットになる

コミのない世界ではこんな手合いをしていたんですね。
これで古碁を見るときの疑問が少し解けたでしょうか。


(注)
現代のプロ棋士は段差があってもハンデなしで打っています。これはプロ同士の段差は石を置くほどの差がないからです。実際にはプロ初段とタイトル保持者には2子ほど差があるという話を聞いたことがありますが、さだかではありません。

00:08 | Trackbacks (0) | Page Top ▲