トップページ >囲碁エッセイ> 第82号  三連星は最強の布石か?

第82号  三連星は最強の布石か?


囲碁では三連星は必ず一度はぶつかる壁の一つです。

白番で相手に三連星を打たれると、大きな模様にされ、とても勝てる気がしない、ということを誰れでも経験するのではないかと思います。

黒番の時に自分が三連星を打つのが得意という人ほど、逆に相手に三連星を打たれると、いやーな気持ちになるものです。
それは自分が三連星の強さをよく知っているからです。

問題は黒白双方とも三連星を打ったあとの打ち方なのですが、
初級者の方の棋譜を見ると、星の位置に続けて3つ打てばそれが三連星なんだということだけしか学んでいないように思えることがほとんどです。

このあとが八方破れになっています。

三連星が得意な人ほど相手に三連星を打たれるとイヤだ、という傾向が多いのは単に対処法を知らないからです。

自分が三連星を得意とすればするほど、失敗した経験が少ないので、三連星を破る方法を知らない可能性が高いとも言えます。

かと言って、三連星を打って負けた場合でも、自分の受け方が悪いかもしれないので、相手の三連星攻略法をそのまま学ぶのも完全ではありません。

私は級位者の方同士の対局で正しい三連星の攻防を見たことがありません。

皆、あまりにも自己流過ぎるのです。
三連星は決して最強ではありません。

三連星からの大模様を阻止する打ち方が存在します。

どんな布石も一長一短。

また、棋力やその人の性格、好みによって、向き不向きもあります。
完全な布石などありません。

自分に合った好きな布石を
自己流ではない確たる基礎を学んだ上で実践して
自分の個性を伸ばして下さい。

個性オンリーでは通用しません。


17:06 | Page Top ▲