トップページ >囲碁エッセイ> 第91号  対局場は2つ持て!

第91号  対局場は2つ持て!

あなたは級が落ちるのを恐れて、対局を避けていませんか?

囲碁をはじめてみると、気がつきます。
棋力が上がるのは難しいけれど、
下がるのはいとも簡単だ、ということに。

負け始めると10連敗なんか簡単です。
10連敗するとたいてい2ランクくらい級が下がります。

しかし、この一旦、下がった2ランク戻るのはどんなに大変か。
そう思って負けが4つ5つ続くと、
対局をしなくなってしまう人が大勢います。

そのまま囲碁から遠ざかって、いつの間にか囲碁止めていた。。。
囲碁大好きを読んでいるあなたは
そんなバカなことはしないで下さい。


まず、一つ 大きな間違い。

「一旦、下がった2ランクを戻るのはどんなに大変か。」

そんなことはありません。
尺取虫(しゃくとりむし)は縮まないと進むことができない
のを知っていますか?

伸びっぱなしでは進むことができません。

囲碁も同じなのです。
負けが込んで級が落ちたら
そこが飛躍のチャンス!

充分に級を落として
囲碁を始めたときの入門書を再び開いて
再スタートしましょう。

私は自分の使った囲碁入門書を
これから囲碁を始める人に絶対譲りません。

ケチじゃないんです。
必要なんです。今でも。

そして
こんなに楽しい囲碁にいざなってくれた入門書は
私の宝物なのです。


二つ目の大きな間違い。それは・・・
多くの人が対局場を一つしか持っていません。

なま碁でもネット碁でも2ヶ所以上、自分の参加する対局場を持ちましょう。段級位のレーティングのあるメイン対局場を決め、
メイン対局場でスランプになったらどんなに負けても段級位の下降を気にし
なくてもよい他の対局場で調整しましょう。

段級位が下がるから対局しない、
なんて愚を冒さないように。


12:22 | Page Top ▲