トップページ >強くなる囲碁格言> 10 両ケイ逃すべからず

10 両ケイ逃すべからず


囲碁では石の形から見て、逃す事のできない好点があります。
自分にとっての好点、相手にとっての好点、さらには両者にとって共通の好点となる場所もあります。 

[1図]                    
1図の1は黒白両方からケイマの位置になっていることに注目してください。このような点は白黒両者にとって好点になる可能性が高くなります。
黒番なら黒1が必争点です。この手によって黒模様が盛り上がります。

    
1図 
**KLMNOPQRST**
19┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐19
18┼┼┼○┼┼┼┼┼┤18
17┼┼┼┼○┼○○┼┤17
16・┼┼┼┼●●●┼┤16
15┼┼┼1┼┼┼┼┼┤15
14┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤14
13┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤13
12┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤12
11┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤11
10・┼┼┼┼┼●┼┼┤10
09┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤09
08┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤08
07┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤07
06┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤06
05┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤05
04・┼┼┼┼┼●┼┼┤04
03┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤03
02┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤02
01┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘01
**KLMNOPQRST**



[2図]
もし黒1と他へ打てば白2が絶好点です。
打ち込みが成立するので黒3と備えます。 
黒は模様がへこんでしまいました。
1図の1は両者にとって逃すことの出来ない絶好点だったわけです。


2図
**KLMNOPQRST**
19┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐19
18┼┼┼○┼┼┼┼┼┤18
17┼┼┼┼○┼○○┼┤17
16・┼┼┼┼●●●┼┤16
15┼┼┼2┼┼┼┼┼┤15
14┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤14
13┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤13
12┼┼┼┼┼┼3┼┼┤12
11┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤11
10・┼┼┼┼┼●┼┼┤10
09┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤09
08┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤08
07┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤07
06┼┼┼┼┼┼1┼┼┤06
05┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤05
04・┼┼┼┼┼●┼┼┤04
03┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤03
02┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤02
01┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘01
**KLMNOPQRST**



04:17 | Trackbacks (0) | Page Top ▲