トップページ >強くなる囲碁格言> 23 ダメのツマリが身のつまり

23 ダメのツマリが身のつまり


簡単な形ですが中身の濃い詰碁です。
ぜひ碁盤に並べて実感してください。

[1図]よくできる形ですが黒はこのままで生きています。
    白aと打たれても黒bで生きです。

1図
**ABCDEFGHJK**
09├┼┼┼┼┼┼┼┼┼09  
08├┼┼┼┼┼┼┼┼┼08      
07├┼┼┼┼┼┼┼┼┼07      
06├┼┼┼┼┼┼┼┼┼06
05a○○┼┼┼┼┼┼┼05
04├●○・○┼┼┼┼・04
03●┼●○┼○┼┼┼┼03
02├┼●┼┼┼┼┼┼┼02
01└b┴┴┴┴┴┴┴┴01
**ABCDEFGHJK**



[2図]自信がない黒はD2とノビ、白E2のオサエとなりました。
    広さを確保しようとするこの黒の手は特に悪い手には見えません。
    しかし、1ヶ所ダメがツマッたことによって大変なことが起こっ
    ているのです。

2図
**ABCDEFGHJK**
09├┼┼┼┼┼┼┼┼┼09   
08├┼┼┼┼┼┼┼┼┼08       
07├┼┼┼┼┼┼┼┼┼07       
06├┼┼┼┼┼┼┼┼┼06       
05├○○┼┼┼┼┼┼┼05
04├●○・○┼┼┼┼・04       
03●┼●○┼○┼┼┼┼03       
02├┼●●○┼┼┼┼┼02       
01└┴┴┴┴┴┴┴┴┴01
**ABCDEFGHJK**



[3図]1図のままなら白1のオキに対しても2以下6までで黒は生きて
    います。

3図
**ABCDEFGHJK**
09├┼┼┼┼┼┼┼┼┼09   
08├┼┼┼┼┼┼┼┼┼08       
07├┼┼┼┼┼┼┼┼┼07       
06├┼┼┼┼┼┼┼┼┼06       
053○○┼┼┼┼┼┼┼05
04├●○・○┼┼┼┼・04
03●┼●○┼○┼┼┼┼03
0252●┼┼┼┼┼┼┼02
01416┴┴┴┴┴┴┴01
**ABCDEFGHJK**



[4図]3図はこんな形になっているわけです。
    白がA4に打ってきても黒はツイでいればいいのです。
    黒4は取られていますが、黒6によって白2子を取れるので
    黒生きです。

4図
**ABCDEFGHJK**
09├┼┼┼┼┼┼┼┼┼09
08├┼┼┼┼┼┼┼┼┼08
07├┼┼┼┼┼┼┼┼┼07
06├┼┼┼┼┼┼┼┼┼06
05○○○┼┼┼┼┼┼┼05
04├●○・○┼┼┼┼・04
03●┼●○┼○┼┼┼┼03
02○●●┼┼┼┼┼┼┼02
01└○●┴┴┴┴┴┴┴01
**ABCDEFGHJK**



[5図]ところが2図のまま放置すると白1のオキが手になります。
    同じ手順で6まで進みます。
    今度は白は7とアテるのです。

    すると黒はaにツゲないではありませんか。
    黒は4の抜き跡に打ってコウを争うしかありません。
    すべては自分でダメをつめてしまったためなのです。

5図
**ABCDEFGHJK**   
09├┼┼┼┼┼┼┼┼┼09       
08├┼┼┼┼┼┼┼┼┼08       
07├┼┼┼┼┼┼┼┼┼07       
06├┼┼┼┼┼┼┼┼┼06       
053○○┼┼┼┼┼┼┼05       
047●○・○┼┼┼┼・04       
03●a●○┼○┼┼┼┼03       
0252●●○┼┼┼┼┼02       
01416┴┴┴┴┴┴┴01       
**ABCDEFGHJK**       
                   


[6図]5図の手順番号を石に置き換えて示してみましょう。
    黒が白2子を取ってもコウになってしまうという[5図]後半
    の説明がこれでよくわかるのではないでしょうか。

6図
**ABCDEFGHJK**
09├┼┼┼┼┼┼┼┼┼09
08├┼┼┼┼┼┼┼┼┼08
07├┼┼┼┼┼┼┼┼┼07
06├┼┼┼┼┼┼┼┼┼06
05○○○┼┼┼┼┼┼┼05
04○●○・○┼┼┼┼・04
03●a●○┼○┼┼┼┼03
02○●●●○┼┼┼┼┼02
01└○●┴┴┴┴┴┴┴01
**ABCDEFGHJK**

01:17 | Trackbacks (0) | Page Top ▲