トップページ >強くなる囲碁格言> 7 攻めはケイマ、逃げは一間トビ

7 攻めはケイマ、逃げは一間トビ


この格言は囲碁の競り合いにおける基本的な石の形を示したものです。
戦いの局面における囲碁の基本的な手は攻めと守りです。
守りにはその場ですぐに眼を作って守る場合と、広い場所に逃げてから眼を作ったり、すでに眼のある自分の石に連絡して守る場合とがあります。
攻めと守りにはそれぞれ特有の石の形があります。すべてを1パターンに決め付けるのは危険ですが、この囲碁格言はかなりの確率で正解と言えそうです。

[1図]
黒が白2子を攻めるには左辺の黒の厚みに1、3とケイマで押し込む攻めが絶好です。右辺黒模様も広がっています。
2図でみるとよくわかります。


1図
**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**
11├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤11
10├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤10
09├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤09
08├┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤08
07├┼┼○┼┼┼┼┼3┼┼┼┼┼┼┼┼┤07
06├┼○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤06
05├┼○┼┼┼┼┼2┼1┼┼┼┼┼●┼┤05
04├┼●●┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤04
03├┼┼┼┼●┼○┼○┼●┼┼┼●┼┼┤03
02├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤02
01└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘01
**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**


2図
**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**
11├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤11
10├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤10
09├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤09
08├┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤08
07├┼┼○┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┤07
06├┼○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤06
05├┼○┼┼┼┼┼○┼●┼┼┼┼┼●┼┤05
04├┼●●┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤04
03├┼┼┼┼●┼○┼○┼●┼┼┼●┼┼┤03
02├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤02
01└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘01
**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**


[3図]
一方、このように両脇からハサマれて攻められた場合、素直に1、3と一間トビで逃げるのが形です。これで捕まることはありません。
4図でみるとよくわかります。


3図
**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**
11├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤11
10├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤10
09├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤09
08├┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤08
07├┼┼○┼┼┼┼┼3┼┼┼┼┼┼┼┼┤07
06├┼○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤06
05├┼○┼┼┼┼┼┼1┼2┼┼┼┼●┼┤05
04├┼●●┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤04
03├┼┼┼┼●┼●┼○┼●┼┼┼●┼┼┤03
02├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤02
01└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘01
**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**


[4図]
白は下辺では両側からハサマれているのでその場で眼を作ることができません。したがって、広い中央方面に逃げてから生きの確保を図ります。


4図
**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**
11├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤11
10├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤10
09├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤09
08├┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤08
07├┼┼○┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┤07
06├┼○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤06
05├┼○┼┼┼┼┼┼○┼●┼┼┼┼●┼┤05
04├┼●●┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤04
03├┼┼┼┼●┼●┼○┼●┼┼┼●┼┼┤03
02├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤02
01└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘01
**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**



00:57 | Trackbacks (0) | Page Top ▲